Narue Online Shop (ナルエー) TREND TOPICS ブラジャーの正しい洗い方&干し方|手洗いの基本から洗濯機の場合まで
NEW

2021.09.30

ランジェリー

ブラジャーの正しい洗い方&干し方|手洗いの基本から洗濯機の場合まで

ブラジャーの洗い方や干し方について解説します。洗濯機と手洗いどちらが良いのかなどブラジャーの正しい洗い方が分からない方も多いのではないでしょうか。ブラジャーは、洗い方によっては、劣化が早まってしまいます。適切に洗い、長持ちさせましょう。

①ブラジャーの洗い方の基本

・着用した日に洗濯する
・手洗いする
・専用の洗剤を使用する

ブラジャーの洗い方のポイントをまとめました。デリケートなブラジャーは洗濯機で洗えないものもあるため、「洗濯ネットに入れれば大丈夫」と安心せず確認しておきましょう。

・着用した日に洗濯する

ブラジャーが傷むのを避けるために、特に冬場は数回使ってから洗うという方もいるでしょう。しかし、汗や皮脂の付着した生地は傷みやすくなるため、ブラジャーは着用した日に洗うのが基本です。季節を問わずブラジャーはその日のうちに洗うことをおすすめします。

・手洗いする

ブラジャーによっては、洗濯機でも洗えるものと洗えないものがあります。必ず、取り扱い表示に従いましょう。また、洗濯機で洗えるものであっても、また、他の衣類とは分けた方が良いケースが多いため、手洗いが安心です。

・着用した日に洗濯する

ブラジャーが傷むのを避けるために、特に冬場は数回使ってから洗うという方もいるでしょう。しかし、汗や皮脂の付着した生地は傷みやすくなるため、ブラジャーは着用した日に洗うのが基本です。季節を問わずブラジャーはその日のうちに洗うことをおすすめします。
洗濯機で洗える場合の方法を見る

・専用の洗剤を使用する

ブラジャーはデリケートなものが多いため、下着用洗剤やおしゃれ着用洗剤などの中性洗剤をおすすめします。また、漂白剤は生地の劣化につながるためNG。柔軟剤は、適量であれば問題ありません。

②ブラジャーの洗い方の手順

1. パットを取り出す
2. ホックをとめる
3. ぬるま湯に洗剤を溶かす
4. ふり洗いをする
5. 十分にすすぐ
6. タオルで脱水する

それでは、ブラジャーの洗い方の手順について、押さえておきたいポイントとともに解説します。

1. パットを取り出す

パットは、ブラジャー本体とは別で洗います。パットはウレタン生地に覆われていて、洗剤が残りやすいためです。洗剤が残ると劣化だけでなく、臭いの原因にもなります。必ず外してから洗いましょう。

2. ホックをとめる

洗う前に、ホックや金具は必ず留めておきましょう。留め忘れると洗濯中にホックが生地にひっかかり、ブラジャーが破損することがあります。ブラジャーを長持ちさせるためにも、洗濯前に確認しておきましょう。

3. ぬるま湯に洗剤を溶かす

ブラジャーは、ぬるま湯で洗うことを心掛けましょう。洗剤はお湯の量に応じて適量を入れます。必要以上に多くならないように注意します。

4. ふり洗いをする

ブラジャーは着用した日に洗えば、ふり洗いだけで十分に汚れを落とすことが可能です。ゴシゴシとこする、揉んでしまうのは型崩れにつながるためNG。パットもふり洗いしましょう。

5. 十分にすすぐ

ブラジャーを洗った後は、十分にすすいで洗剤が残らないようにしましょう。洗剤が残ってしまうと黄ばみやシミ、傷みの原因になります。

6. タオルで脱水する

ブラジャーを干す前の脱水はタオルで行います。乾燥機の使用は負担が大きいため控えましょう。タオルで包み、形を崩さないように水気を切ってから干します。ねじりや絞りも厳禁です。

③ブラジャーの干し方の手順

1. 形を整形する
2. 逆さまに干す
3. パットは分けて干す
4. 風通しのよい日陰に置く

ブラジャーは洗い方に加えて、干し方も重要です。間違った方法で干していると、型崩れが起きやすくなります。正しいブラジャーの干し方の手順について解説します。

1. 形を整形する

カップやストラップの形は、濡れている間に整えておきましょう。乾燥してからでは、シワなどが残ってしまいます。形を整える時は、カップの中心から外側に優しく引っ張るようにして、本来の丸さに近づけます。

2. 逆さまに干す

ブラジャーは逆さまに干すのが基本です。ストラップを洗濯バサミで挟むと、伸びてしまうので注意しましょう。左右のワイヤーの中心部を洗濯バサミで留める方法も、形が崩れにくくおすすめです。

3. パットは分けて干す

生乾きを防ぐためにも、パットとブラジャーは別々に干します。カップの型崩れ防止にもなりますので、必ず分けて干しましょう。

4. 風通しのよい日陰に置く

干す場所は、風通しが良い日陰がベストです。室内であっても、日光が当たると黄ばみの原因につながりますので注意しましょう。

④ブラジャーの洗い方に関するQ&A

ブラジャーの洗い方に関するよくある質問にお答えしていきます。

Q. 洗濯機で洗う場合はどうすればいい?

ブラジャーの洗濯取り扱い表示に記載があれば洗濯機を使うこともできます。洗濯機で洗う際は、必ず洗濯ネットに入れて洗いましょう。他の衣類とは分けて、弱水流で5分程度が目安です。全自動の場合はソフト洗いやランジェリーコースを選びます。

Q. 干す際に二つ折りにしてもいい?

カップとカップの間で二つ折りにするのはOKです。ハンガーに折った部分をひっかけて干せば、ブラジャーへの負担も少なくなります。

Q. 面倒な手洗いを簡単にする方法はある?

入浴ついでにブラジャーを洗うと手間を省くことができます。脱いだブラジャーを浴室へ持って入り、洗面バケツを使って洗います。脱水は自分の身体をタオルで拭く前に行うといった一連の動作を習慣づけると楽になります。

⑤正しいブラジャーの洗い方を知って、良い状態を長く保とう

一般的に、ブラジャーの寿命は約100日と言われます。しかし、洗い方によっては劣化を早め、本来の目安よりも早い段階で補正力が失われることもあるため注意が必要です。正しい方法で手洗いをすることは、お気に入りのブラジャーを長く良い状態に保つことにもつながります。ぜひ、今回ご紹介した方法を試してみてください。

ブラジャーの買い替え頻度について詳しくみる
お気に入り追加

ブルー

  • B65
    在庫あり
    お気に入り追加