Narue Online Shop (ナルエー) TREND TOPICS 「シルク」とは?上品なだけじゃないシルクの特徴や魅力
NEW

2021.04.23

パジャマ&ルームウェア

「シルク」とは?上品なだけじゃないシルクの特徴や魅力

シルクは上品な見た目だけでなく、機能面でも魅力の多い素材です。何となく「扱いにくそう」と思われる方もいるかもしれませんが、コツやポイントを知っておけば取り扱いも簡単です。今回は、シルクの特徴や魅力、メリットや注意点などをご紹介。お手入れの方法や注意点も解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

①上品なイメージの「シルク」とは?

シルクは、蚕(かいこ)の繭から作られるタンパク質の天然繊維です。お肌の成分に近いとされる、アラニンやグリシンなど約20種類ものアミノ酸が結合した天然繊維は皮膚への刺激がとても少ないのが特徴。軽くて柔らかい、しなやかで心地よい、静電気が起きにくくホコリを寄せ付けないといった、特有の魅力をたくさん持った素材です。

人間の皮膚のタンパク質構造に近いことから、「第二の皮膚」と呼ばれることもあります。お肌が敏感な方にも選ばれやすく、世代や肌質を問わず人気が高い素材と言えるでしょう。

【豆知識】シルクの歴史を知ろう

シルクの生産が本格的に始まったのは、紀元前6000年頃からだと言われています。養蚕への高い技術を持っていた中国が輸出によって栄え、中近東や西洋への交易ルートは「シルクロード」と呼ばれました。古代エジプトのクレオパトラなども愛用、中近東ではシルクの織物としてペルシャ絨毯が発展するなど、高級な繊維としての扱いは昔から変わっていないようです。

②シルクの5つの特徴や魅力

それでは、シルクの特徴や魅力について見ていきましょう。

1.上品な光沢となめらかな肌触り

シルクと言えば、独特な光沢やなめらかな肌触りを一番にイメージする人が多いのではないでしょうか。この光沢はシルク特有のもので、人工的に作り出すことはできません。
シルクの原料となる絹糸の繊維に含まれるフィブロインというタンパク質は、断面がプリズム状になっています。これが光を乱反射させ、真珠のような光沢を出しています。

2.素肌に優しい

シルクは人の肌と同じタンパク質でできているため、身に付けた時の相性は抜群です。加えて軽くなめらかなので、余計な刺激も与えません。化学繊維でかぶれてしまう人には特に愛用されています。肌トラブルを抱えやすい人も、シルクなら身に付けやすいと感じるケースが多いようです。

3. 吸湿性・放湿性に優れる

シルクは、とても機能性にも優れています。綿を上回るほどの吸湿性と放湿性があると言われていることをご存じですか?こうした性質から、夏場はサラサラとした着心地を維持しやすく快適。さらに、絹糸の内部にある隙間は断熱の役割も果たしてくれるため、保湿性にも優れています。

4.静電気を起こしにくい

通気性が高く湿度をうまく逃がすことが得意なシルクですが、一方で化学繊維に比べると保水量が高いという一面もあります。そのため、帯電しにくく静電気が起こりにくいのも特徴です。静電気のバチッという不快感を避け、ダニ・チリ・ホコリなどをつけにくくしてくれる点でも便利ですね。

5.紫外線から肌を守る

シルクの原料となる繭には、もともと紫外線を吸収する性質があります。これは、紫外線を浴びると蚕の成長が妨げられてしまうからです。意外かもしれませんが、シルクは約90%もの紫外線を吸収すると言われており、肌を守ってくれる効果もあります。スカーフやショールで首もとを守るなどしてもおすすめです。

③シルクの注意点も押さえておこう

たくさんの魅力を持つシルクですが、取り扱いには少し注意した方が良い点もあります。シルクを扱う時は以下のポイントを意識しましょう。

・摩擦に弱い
・紫外線で変色しやすい
・傷などが目立ちやすい など

シルクは、とても繊細です。性質上、引っ張る力には強いですが、摩擦には弱く傷つきやすいため、できるだけ擦らないようにしましょう。滑らかな生地だからこそ、ちょっとした傷が目立ちやすくなっています。特に、何かに引っ掛かると糸つれが起こりやすいため注意が必要です。

さらに、シルクは紫外線を吸収します。お肌を守る上では便利ですが、紫外線を浴びすぎは変色につながる可能性があります。

④シルクはどんなアイテムに使われている?

シルクは、私たちの身近にあるさまざまなアイテムに使われています。

・カバー・シーツなどの寝装品
・ワンピース・シャツ・パンツなどの衣類
・ストールやスカーフなど
・パジャマやインナー
など

スルスルとした滑らかで気持ち良い肌触りはシルクならではの特徴です。シルクのシーツや布団カバーはリラックスタイムを高めてくれるおすすめのアイテム。見た目の高級感から、お部屋全体の印象も変わります。

色柄が豊富なシルクは、衣料品にもよく用いられます。特にパーティー用のワンピースのように華やかな場面にぴったりです。他の素材に混紡したものは、普段着としても使いやすくなります。

ハンカチやストール、スカーフはプレゼントにもよく選ばれる人気アイテムです。シルクの高い機能性と上品な印象から多くの方に喜ばれるでしょう。

⑤シルクはどうお手入れする?お手入れ方法について

シルクは水や摩擦に弱いため、日々のお手入れには気を付けるポイントがいくつかあります。まず、どのように洗えば良いのかは、洗濯表示を見て確認しましょう。基本的には優しく手洗いをするか、クリーニングに出すのが一般的です。

手洗いを行う際はできるだけ爪などがひっかからないように、優しく押し洗いします。そして、乾かす時は日陰の風通しが良い場所を選び、長時間日光に当たらないように注意しましょう。

⑥睡眠の質がアップ?おすすめのシルクパジャマ5選

パジャマやルームウェアの正しい選び方をもとに、おすすめのパジャマやルームウェアをいくつかご紹介します。どれも着心地の良さにこだわりがあり、おしゃれで室内でもテンションが上がるようなものを厳選したのでぜひチェックしてみてください。

シルクサテンハート

人気定番商品、シルクサテンハートに新色登場!

定番の4色に加え、トレンドカラーのブラウンが登場しました。
ブラウンはパイピング、刺繍がピンク。
大人カラーの中にも可愛さを忘れずに!

≫シルクサテンハートの詳細はこちら≪



シルクサテン星

シルクのパジャマとなると無地や年配向けのデザインが主流ですが、ナルエーのシルクパジャマは違います。
上質で大人っぽいデザインの中にも可愛さやトレンドを取り入れました。

こちらは小さな★柄のシルクパジャマ。
カラーは可愛いすぎないシンプルで実用的なカラーでまとめました。

≫シルクサテン星の詳細はこちら≪



メンズシルクダブルガーゼ/ブルー

生地は「シルクダブルガーゼ」ダブルガーゼ織りで仕立てた「シルク」100%の素材。
シルクならではのとろっとしたなめらかさがありつつ、生地の間に多くの空気を含ませるダブルガーゼでふっくらとした柔らかさな手触り。

≫メンズシルクダブルガーゼ/ブルーの詳細はこちら≪



シルクダブルガーゼ/ピンク

シルクのパジャマといえば「サテン織り」が多いのですがこちらは、ふわっとした体のラインが出にくい「ダブルガーゼ織り」

≫シルクダブルガーゼ/ピンクの詳細はこちら≪



シルクヘアバンド

髪にも優しいシルクのヘアバンドは意識高め女子にもおすすめ!

≫シルクヘアバンドの詳細はこちら≪



⑦シルクは上品なだけじゃない!機能性も抜群で心地よい素材

ここでは、シルクの特徴や魅力、メリットやデメリットなどをご紹介しました。シルクは扱いにくいイメージかもしれませんが、それ以上に高い機能性や着心地の良さといった魅力に溢れた天然素材です。お肌に優しいことから、プレゼントにもぴったり。毎日のリフレッシュタイムをシルクの下着やパジャマで過ごせたら、今まで以上にくつろげそうですね。ぜひチェックしてみてください!


≫シルクのパジャマをさらに詳しく見る≪



お気に入り追加

ブルー

  • B65
    在庫あり
    お気に入り追加