Narue Online Shop (ナルエー) TREND TOPICS パジャマのベストな洗濯頻度は?シルクやモコモコ素材など洗う際のポイント

2020.10.21

パジャマ&ルームウェア

パジャマのベストな洗濯頻度は?シルクやモコモコ素材など洗う際のポイント

「みんなはどのくらい洗ってるの?」と気になるのが、パジャマの洗濯事情ですよね。毎日着るものだから毎日洗うのがベストなのか、それとも数日に1度でも良いものなのか……。そこで今回は、パジャマを洗う適切な頻度から洗う際のポイント、洗い方まで解説していきます。正しい頻度で洗濯して、清潔な状態を保ちましょう!
①パジャマの洗濯頻度はどれくらいがベスト?毎日洗う?
パジャマは、少なくとも週2~3回ペースでの洗濯がおすすめ。しかし、汗をたくさんかく夏場は毎日洗うのが理想的で、季節によって適切な洗濯の頻度は変わってきます。
汗を吸収したパジャマを洗わずに放置したまま何日も着ていると、雑菌の増殖により嫌な臭いの原因にもなるため、注意しましょう。
②パジャマを洗濯する時のポイント
パジャマは、素材などによって適した洗濯方法が変わってきます。自分のパジャマに合った洗濯方法を実践してみましょう。
洗濯表示をチェック
まずは、パジャマの洗濯表示をチェックして、最適な洗濯方法を確認しましょう。洗濯表示のタグを見ると、どのような方法で洗濯すべきなのか分かります。

洗濯表示は、5つの基本記号と付加記号、数字の組み合わせで表記されています。基本記号は、桶に水が入っている絵の「家庭洗濯」、三角の「漂白」、四角の「乾燥」、アイロンマークの「アイロン」、丸の「クリーニング」の5種類です。

これらのマークにバツがついていれば、その方法を行ってはいけないという禁止の意味。例えば、家庭洗濯のマークに×がついていれば、そのパジャマは家庭洗濯禁止という意味になります。

付加記号と数字によって、適した強さや温度を表しているため、これらも確認しておきましょう。デリケートで扱いにくいと思われがちなシルクのパジャマも、実は家庭で洗濯できるものもあります。
パジャマの素材をチェック
ナイロンやアクリルなど、素材によっては洗濯機で洗うと縮んだり傷んでしまったりするものもあるため、注意が必要です。多くの方が悩んでしまう、シルク素材やもこもこ素材の洗い方も一緒に見ていきましょう。
【シルク素材】
シルク素材のパジャマはとてもデリケートです。生地が繊細で、特有の光沢や質感を維持するためにもクリーニングに出すか、自宅での手洗いがおすすめ。

洗濯表示が手洗い可能となっている場合、洗濯機の手洗いコースあるいはドライコースで洗うこともできます。しかし、シルクの繊細さをできるだけ損ねないためには、優しく手洗いもしくはクリーニングに出すことをおすすめします。
【モコモコ素材】
モコモコ素材のパジャマは、洗濯方法を間違えるとあっという間にゴワゴワ、ボロボロになってしまうことも。モコモコ素材は、ポリエステルでできている場合が多く、本来は丈夫で洗濯機で洗えるという利便性があります。

モコモコをできるだけ保持したい場合は、パジャマを裏返してから押し洗いし、ネットに入れて30秒脱水をする方法がおすすめです。脱水後は形を整えてから室内もしくは日陰で平干しすると、良い状態を保ちやすくなります。
パジャマの色をチェック
特に、新品のパジャマや海外製のパジャマは他の衣服への色移りも心配です。色落ちしそうな場合は、単体で洗うようにして対策しましょう。
③パジャマの正しい洗濯方法
それでは、パジャマの正しい洗濯方法について、まとめて解説します。
1. ぬるま湯で丁寧に洗う
パジャマを洗う時は、「優しく」が原則です。手洗いでは、30度から40度くらいのお湯を桶などにためて、洗剤を適量入れます。ゴシゴシと擦るように洗うのはNG。手のひらを使って押し洗い、もしくはお湯の中を泳がせる振り洗いが適切です。汚れが気になる場合は15分程度浸けておくとよいでしょう。
2. 3回程度すすぐ
洗剤が残らないようにしっかりとすすぎを行います。その都度きれいなぬるま湯をはり、押し洗いをするように3回ほど行いましょう。3回やっても泡が残っている場合は、洗濯ネットに入れて洗濯機で30秒すすぎモードにかけることをおすすめします。
3. しっかりと脱水する
雑巾を絞るように脱水すると、型崩れが起きやすくなります。また、水分がたくさん残ったままでは重みで伸びてしまうこともあり、これも良くありません。

脱水は、洗濯ネットに入れてから洗濯機の脱水モードに30秒かける、あるいはバスタオルで挟んで水分を吸わせるように優しく押さえる方法がおすすめです。
4. 風通しの良い日陰に干す
パジャマの形を崩さないために、きちんと形を整えてから平干しをしましょう。風通しの良い日陰がベストです。
④洗濯・取り扱いが簡単!おすすめパジャマ3選
洗濯の方法を説明してきましたが、「できれば洗濯が簡単なパジャマがいい!」という方も多いでしょう。そんな方におすすめなお手入れが簡単なパジャマを3つご紹介します。

裏起毛ストロベリーパジャマ
程よいくすみカラーが"大人可愛い"を演出してくれる、裏起毛のあったかパジャマです。表はスムース生地でさらさら、裏は起毛でぬくぬくとしています。家庭での洗濯が可能で、お手入れも簡単!
裏起毛ストロベリーパジャマの詳細はこちら



ハニカムニットワンピース
「ハニカムニット」は適度な厚みと張り感が特徴。生地の中に含まれる空気によって、軽く心地よい着心地です。ピンクの他に、オフホワイトやグレー、イエローもあります。サラット1枚で着ても可愛いですし、少し寒い日はレギンスと合わせても。家庭で洗濯できるため、色違いで揃えて毎日代わりばんこで着用するのもおすすめです。
ハニカムニットワンピースの詳細はこちら



ハニカムニットマキシワンピース
ハニカムニットのロング丈バージョンです。ロング丈と首元のショールカラーで暖かく、部屋着として日中も着ていたくなるほど。おしゃれなので、友人などを自宅に招いた時にもおすすめです。もちろん、こちらも家庭洗濯が可能。常に綺麗な状態を、手軽に維持しやすい点が嬉しいポイントです。
ハニカムニットマキシワンピースの詳細はこちら

⑤洗うほど身体になじむ!お洗濯も楽しいパジャマ3選
パジャマは、1日の疲れを癒すリラックスタイムに着るもの。だからこそ、着心地の良いものを長く使いたいですよね。使い続けるとさらに魅力が増すような、毎日の洗濯が楽しくなるパジャマを3つご紹介します。

シュークリームガーゼネグリジェ
ダブルガーゼのネグリジェです。ふんわりとした繊細な生地は、まるでシュークリームのよう。ナチュラルで清楚、そして首もとのフリルが女性らしさをさりげなく演出してくれます。ダブルガーゼの特性上、使えば使うほど柔らかく肌になじんでいきます。着心地もよく、長いシーズン使える優秀さも特徴。毎回、気持ちよさが増す感覚に病み付きになることでしょう。
シュークリームガーゼネグリジェの詳細はこちら



オータムガーゼプルオーバー
ナチュラルで今どきのシルエットが可愛いプルオーバーです。袖口や裾口のふんわりとしたゴムが優しい印象を与えてくれます。やや厚みのあるダブルガーゼは、使う度に肌に馴染み、心地よさがさらにアップする点が魅力。吸湿・吸水性に優れ、機能面でもパジャマに相応しい天然素材です。
オータムガーゼプルオーバーの詳細はこちら



シュークリームガーゼ/シングルプリーツセットアップ
ストライプ柄の上下セットのパジャマです。ウエストリボンが大きめで可愛いため、ズボンにインするとさらに愛らしい雰囲気になります。ダブルガーゼに光沢感を加えた綿100%のシュークリームガーゼも、使えば使うほど柔らかく馴染んでくる素材です。
シュークリームガーゼ/シングルプリーツセットアップの詳細はこちら

⑥快適なおうち時間は、手入れしやすく長く使えるパジャマで
1日の疲れを癒すリラックスタイムは、清潔で肌触りの良いパジャマで過ごしましょう。人は、寝ている間にも知らず知らずのうちに汗をかきます。
パジャマの素材に適した方法で洗濯をし、気持ち良いパジャマを身に付けることは、おうち時間を満喫するうえで重要なポイントでしょう。パジャマを選ぶ時には、洗濯しやすいかどうか、長く使えるかどうかという点にも着目してみませんか?
お気に入り追加

ブルー

  • B65
    在庫あり
    お気に入り追加