outlet2402
Narue Online Shop (ナルエー) TREND TOPICS ロングスリーパーの特徴は?つらい方必見、考えられる原因・治すための方法などを解説

2021.02.24

パジャマ&ルームウェア

ロングスリーパーの特徴は?つらい方必見、考えられる原因・治すための方法などを解説

「いつも気付くと長時間寝ていてつらい……」そんなあなたはロングスリーパーかもしれません。原因や治す方法を知りたいという方もいるでしょう。今回は、ロングスリーパーの特徴や原因、改善するための方法、何時間くらい寝るとロングスリーパーとされるかについて解説していきます。

①ロングスリーパーの特徴とは?

ロングスリーパーには、どのような特徴があるのでしょうか。具体的にみていきましょう。

睡眠時間は10時間程度

ロングスリーパーは、その名の通り、長く眠ることが特徴です。睡眠時間の定義はありませんが、だいたい10時間程度が目安になっているようです。
普通の人より長い睡眠を要する人がロングスリーパーということになるでしょう。日本国内でのロングスリーパーは、5~10%ほどいるとされていて、それほど珍しくはありません。

病気ではなく体質

ロングスリーパーは、休息を得るために平均よりも長い時間睡眠する人のことをいいます。疾患が原因でなければ、睡眠に関わる神経伝達物質のドーパミンやセロトニンが少ない人が体質的な特性だと考えられています。そのため、ロングスリーパーの人は、大人の平均睡眠時間7時間では不十分で、寝不足による倦怠感や辛さを人よりも多く感じやすくなります。

過眠症と異なり日中に眠気はない

睡眠時間が長い症状に「過眠症」というのがあります。これは夜間に十分な睡眠時間をとっているにも関わらず、運転中や仕事中にでも睡眠発作が起こってしまう睡眠障害の1つです。ロングスリーパーは、一定の時間十分な睡眠がとれていれば、日中に眠気を催すことはなく、過眠症とは区別される体質の特徴です。

②ロングスリーパーの考えられる原因

ロングスリーパーは、体質的な原因によって起こるとみられていますが明確には原因が解明されていません。そこで、現在推測できる、ロングスリーパーになるであろう仮説がいくつかありますので、詳しくご紹介します。

遺伝の可能性

いまだ明確にされているわけではありませんが、遺伝によりロングスリーパーになることがあると考えられています。 両親のどちらかがロングスリーパーである場合、子もロングスリーパーである可能性が高いのです。しかし、これは遺伝ではなく、生まれ育った生活スタイルが影響しているとも言われています。

遺伝の可能性

いまだ明確にされているわけではありませんが、遺伝によりロングスリーパーになることがあると考えられています。
両親のどちらかがロングスリーパーである場合、子もロングスリーパーである可能性が高いのです。しかし、これは遺伝ではなく、生まれ育った生活スタイルが影響しているとも言われています。

体質によるもの

睡眠に関わる神経伝達物質、ドーパミンやセロトニンが少ない体質であることが原因とも考えられています。眠気を感じるためには、ドーパミンやセロトニンが分泌されるのですが、分泌量が少ないことで眠りが浅くなり、睡眠時間が長くなっている可能性があります。
これらの神経伝達物質は、精神の安定にも関わっているため、過眠症やうつの原因となることもあり、治療が必要とされることもあるでしょう。

ストレス・過労

人は疲労が溜まると、バランスをとるために睡眠を多く必要とします。日中にたくさん運動をした日は、いつもよりも早く眠気を感じた、という経験はありませんか?
また、ストレスが原因となることもあります。ストレスを感じると交感神経が優位となり、睡眠の質が下がり、寝付きも悪くなります。その分、多くの睡眠を取らなければ、精神的安定を取りにくいと考えられているのです。

③ロングスリープによるデメリットとは

ロングスリーパーのデメリットは、10時間以上睡眠がとれないと生活や仕事に支障をきたしてしまうことです。
一般的に会社員が平均して10時間の睡眠を確保するには、遅くとも21時頃には就寝する必要があります。残業や飲み会など夜間の所用が重なり、十分な睡眠が得られないと不眠状態が蓄積してしまいます。その結果、寝不足による集中力の欠如や倦怠感などが続き、仕事や生活スタイルに影響を及ぼすようになってしまいます。

④ロングスリープを短縮するには?

ご紹介したとおり、ロングスリーパー=病気というわけではありません。もし、遺伝によるものだとすると、改善はなかなか難しいといえます。
しかし、それによって日常生活に支障をきたす場合は、意識的に睡眠時間を短縮する努力をしなければならないでしょう。

いきなり数時間単位で減らしてしまうと、日中の眠気や倦怠感の原因になりかねないので、30分程度から短縮してみて様子をみるのがおすすめです。朝起きる時間を少しだけ早く設定し、どうしても眠気を感じる場合には、二度寝をするようにして、心身の健康を損なわないよう気を付けて行いましょう。
もし30分や1時間早く目覚めても、起きた時に熟睡した、と感じられるのであれば、睡眠時間は足りていた、ということです。無理なく熟眠感が得られる睡眠時間をキープしましょう。

⑤快眠のためのおすすめパジャマをご紹介

就寝時には、パジャマに着替えて寝ることで睡眠の質を上げることができます。つい部屋着のまま寝てしまう習慣がある人も、これを機にパジャマに変えてみましょう。

熟睡するためには、体温調節がしやすい素材や寝返りが打ちやすい少し大きめのパジャマを選ぶことがおすすめです。ここでは安眠を助ける寝心地ばっちりのパジャマをご紹介します。

ダブルガーゼティアード

優しい肌触りで快眠を約束するダブルガーゼのパジャマ。吸水性のよい綿100%コットン素材なので、睡眠中の体温調節がしやすいのがメリット。寝返りを打ちやすい余裕のAラインシルエットは、ギャザーの切り替えでデザイン性の高さも魅力です。ロングスリーパーが長時間ぐっすり眠れるコンフォートなパジャマ。
ダブルガーゼティアードの詳細ページはこちら


ダブルガーゼガーデンラビットパジャマ

クラシカルなデザインがリラックスを誘うダブルガーゼのパジャマ。胸元までしっかりとボタンができるオーソドックスなスタイルなので、着崩れによる寝苦しさの心配がありません。柔らかなガーゼで通気性もよく、ロングスリーパーも包み込まれるように朝までぐっすり眠れるでしょう。
ダブルガーゼガーデンラビットパジャマの詳細ページはこちら


コットンダブルガーゼいちごサイドフリルパジャマ

いちごのモチーフが女性らしい柔らかガーゼのパジャマ。腕が動かしやすくデザインされた広めの袖口や、温度調節がしやすい前ボタンも着やすさのポイント。通気性のよい100%コットン素材なので、初夏~初秋まで活躍するアイテムです。さりげないスイートテイストのパジャマで、ロングスリーパーも素敵な夢が見られそうな1枚。
コットンダブルガーゼいちごサイドフリルの詳細ページはこちら


シャーリングWガーゼ表ジャガードセットアップ

シャーリングがかかったナルエーオリジナル素材のパジャマ。表ジャガードの立体感とダブルガーゼの軽やかな素材感が生きるふんわりとしたフォルムが魅力。寝返りをしても締め付け感のない緩やかなボディとラグラン袖なので、ロングスリーパーの快眠を一晩中サポートしてくれます。
シャーリングWガーゼ表ジャガードセットアップの詳細ページはこちら


接触冷感リブニットフリル

「クシャ」っと映える素材感をたっぷりと表現した商品。こちらはは着心地に定評のある「シャーリングダブルガーゼ」を使用。
ふわっと柔らかいダブルガーゼ素材にシャーリング加工を施したもの。
通常のダブルガーゼにくらべ、よりふんわり。非常に軽量で、通気性、吸水速乾性に優れています。
もちろん、綿100%でお肌にもやさしい。
接触冷感リブニットフリルの詳細ページはこちら


⑥ロングスリーパーは体質!うまく付き合おう

ロングスリーパーについてご紹介しました。長時間寝てしまうことに罪悪感を覚えたり、生活に支障が出てしまったりすることもあるかもしれません。しかし、過眠症とは異なり、ロングスリーパーは体質です。熟睡感を得られる睡眠時間は人それぞれ違うのです。
改善したいと考える場合には、少しずつ睡眠時間を短くするよう調整してみましょう。目覚めた時に熟睡した、と感じられる睡眠時間を探してください。
また、着心地のよいパジャマに着替えて眠ることで質の高い睡眠を取ることに繋がるでしょう。

ナルエーでおすすめのパジャマをみる
お気に入り追加

ブルー

  • B65
    在庫あり
    お気に入り追加