Narue Online Shop (ナルエー) TREND TOPICS パジャマの種類や形、素材にはどんなものがある?パジャマ選びのポイントも
NEW

2020.12.16

パジャマ&ルームウェア

パジャマの種類や形、素材にはどんなものがある?パジャマ選びのポイントも

普段何気なく着ているパジャマ、どんな種類があるの?と気になったことありませんか。
パジャマは種類によって着心地や扱いやすさが変わってきます。そこで今回は、パジャマの生地や素材、選ぶ際の基準などについて詳しく解説します。お気に入りの1枚におすすめパジャマも紹介するので、参考にしてみてください!

①パジャマの種類・形

パジャマは一般的に「セパレートタイプ」と「ワンピースタイプ」の2種類に分けることができます。それぞれの特徴について詳しく解説します。

セパレートタイプ

セパレートタイプは、上着とズボンが別々になっているパジャマです。前空きでボタン止めをするブラウスシャツのようなデザインが一般的で、ボトムに同色や同柄のズボンがセットされています。下着を重ねてもゴワゴワしないほどのゆとりがあり、着崩れしにくいのが特徴です。

ワンピースタイプ

ワンピースタイプは、1枚の布がつながったデザインのパジャマです。スリップのような肩ストラップタイプからロング丈のTシャツのようなルックまで、さまざまなデザインがあります。ウエストの縛りがなく、着脱も楽なことからホームウェアとしても活躍します◎

②パジャマの素材

パジャマはデザインやタイプによって着心地も大きく変わります。肌に直接触れるため、肌着の役目もあるパジャマ選びでは、素材にもこだわりたいところ。ここでは、一般的なパジャマに使用されている素材と、その特徴について解説します。

・綿
・麻
・サテン
・綿+化学繊維

綿

綿は吸湿や吸水性が高く、柔らかい肌ざわりが特徴。睡眠中の発刊による湿気を吸収し、体温調整を促します。親水性に優れた性質なので素材についた汗や油が落ちやすく、衣類を清潔に保つことができます。また、耐久性のある素材で毎日の洗濯にも強いといえるでしょう。

麻は繊維素材の中で最も強度が高く、濡れるとさらに強度が増す特徴があります。綿の約4倍もの吸水性と速乾性に優れていることから、夏の衣料に多く用いられています。麻は親水性が高く、汚れを落としやすいほか、抗菌性も高い衛生的な素材です。

サテン

サテンは、絹、綿、化繊などさまざまな素材を繻子織(しゅすおり)という工法で織った織物素材です。経糸(たていと)が表面に多く出るため光沢があり、ツルツルとした手触りの柔らかい生地に仕上がります。絹や綿を使った天然素材シルクは高級品で、しわになりやすく摩擦に弱いため、取り扱いには注意が必要です。

綿+化学繊維

天然素材の綿と化繊を合わせた生地で、それぞれの素材の特徴を活かした布地です。代表的な綿ポリでは、綿の吸水性としわになりにくいポリエステルのメリットが統合され、速乾性に優れたしなやかな生地ができあがります。

③パジャマの主な生地

パジャマの生地は、着心地や機能性などのほかにデザイン性にも優れたさまざまな素材が使用されています。パジャマによく用いられる代表的な生地の特徴は以下の通りです。自分のお気に入りの素材を見つけてみてください!
 
二重ガーゼ 通気性や吸湿性に優れた肌着にも適した生地
パイル 表面にループ状の繊維がありふんわりと柔らかいさわり心地
天笠(あまかさ) 両面織りされた伸縮性に優れたニット生地
スムース 約6時間
サテン 糸目が浮く織物工法で仕上げられた光沢のあるしなやかな生地
リップル 接着面を減少するためにしわ加工を施した夏むきの生地
サッカー タテ糸の調節により絞った模様が特徴の夏むきの生地
キルトニット 生地の間にキルトを挟んだ保温性に優れた生地

④パジャマ選びの基準

パジャマは毎日着るものですが「選ぶ基準がわからない……」という方も多いのでは?ここでは、パジャマ選びで知っておくと得する4つの基準ポイントについてご紹介します!

季節に合ったパジャマを選ぶ

睡眠中は、汗をかくことによって体は自然に体温調節を行っています。汗をかきやすくなる夏には通気性がよい素材、乾燥しがちな冬には保温性と保湿性の高い素材など、季節に合わせた素材を選ぶとよいでしょう。

好みの肌触りやデザインで選ぶ

パジャマは下着と同様に肌に密着する衣類です。健やかな睡眠を導くには、素材の柔らかさやなめらかな手触りも大切といえます。締め付けや伸縮性に欠ける生地は安眠効果を低下させるため、パジャマ選びはデザインや生地の風合いにもこだわってみましょう。

着心地の良さで選ぶ

睡眠中は意外と体を動かしています。デザインに固執しすぎて機能性を欠いたパジャマでは、夜間に目が覚めてしまうことも。パジャマ選びでは、ゆとりがあって着心地のよいタイプを選びましょう。

生地の丈夫さで選ぶ

睡眠中、人はコップ1杯程度の汗をかくといわれています。パジャマは寝汗や皮脂の汚れが付着するため、清潔に保ちたいものです。毎日の洗濯でも生地がよれない、破れにくいなど耐久性に優れた素材をチョイスするのも重要でしょう。

⑤おすすめパジャマ4選

毎日着るものだから、お気に入りのアイテムを見つけたい!そんな方におすすめ、とっておきのパジャマをご紹介します。ぜひ自分に合ったものを探してみてください!

【全シーズン快適派に◎】ミルキーベビーニットストライプ

綿とポリエステルの混紡ならではの、柔軟性のある風合いが特徴のパジャマ。単調になりがちなトップスは、フリル使いでフェミニンな装いを演出しています。通気性と吸湿性に優れたベビーニット素材のため、季節問わず年中活躍するアイテムとして重宝すること間違いなし!腰ひものサテンリボンも高級感を感じさせるアクセントになっています。
ミルキーベビーニットストライプの詳細はこちら


 

【快適性もおしゃれさも抜群!】シュークリームガーゼ/シングルプリーツセットアップ

綿100%のダブルガーゼ素材に光沢感をプラスした、上品な印象のパジャマ。スタンドカラーにたっぷりの打ち合わせタック、長さ違いのバックスタイルとおしゃれなポイントが目白押し。ゴム入り袖のふんわりとしたフォルムは着やすさとデザイン性、両方を持ち合わせた仕上がりになっています。柔らかな肌触りと大人っぽいルックが魅力の1枚◎
シュークリームガーゼ/シングルプリーツセットアップの詳細はこちら


 

【空気を感じる快適なベッドタイムを】エアーニットローズフリル

コットンガーゼの柔らかな手触りは、まるで空気をまとっているかのような軽さが特徴です。肌に優しい素材に包まれることで心身ともに解放されるため、充実感のある眠りへと素早く導かれます。どこか懐かしい感覚を覚える花柄は、ゆったりと過ごしたいベッドタイムに安らぎをそえてくれます。着心地重視のあなたにおすすめのパジャマです◎



 

【ゆるっとが好きな方にピッタリ】コットンフランネルチェックリラクシー

パジャマはとにかくゆるっとしたものが好き!という方におすすめのアイテム。柔らかい100%綿のネル生地は、暖かくて丈夫なのが特徴です。ちょっと長めの丈に無地のパンツセットは、ホームウェアとしても活躍するスタイル。ポップなタータンチェックが決め手のシンプルなデザインで、おしゃれ好きならゲットしたくなる1枚です。
コットンフランネルチェックリラクシーの詳細はこちら


 

⑥パジャマは着心地や素材など、好みのものを選ぶのがおすすめ!

パジャマは快適な睡眠を導くための必須アイテムです。着心地の良さ、デザイン性、耐久性や機能性など、自分優先したいポイントにこだわってみましょう。この記事を参考に、くつろぎを得られるお気に入りの1枚をぜひ見つけてください!
自分に合ったかわいいパジャマを探してみる
お気に入り追加

ブルー

  • B65
    在庫あり
    お気に入り追加